マンションを売却した体験談!荒川区の不動産を高く売るコツ

同じエリアの不動産会社にする必要はない

同じエリアの不動産会社にする必要はない決め手は業者の信頼性色々な業者に訪問査定を頼もう

マンション売却するとき、荒川区にある物件なので、不動産会社も同じエリアにしておくべきであると最初は思っていました。
インターネットでいろいろと調べたところ、必ずしも荒川区の不動産会社でなくても良いということを知りました。
自宅の近くの不動産会社に依頼をしてしまったために失敗をしたという体験談などもありました。
自宅の近くの不動産会社に依頼をすることは決して悪くはありませんが、よく比較をしておくべきということでした。
不動産会社にも得意分野とそうでない分野があるようです。
マンションの売却を得意としているところや、一戸建ての売却を得意としているところなど、さまざまな会社があります。
査定を依頼するときには、最低でも3つの業者に依頼をしておくべきということがわかったので、3社に依頼をしてみました。
インターネットの一括査定を利用して、まずはネット上で査定を出してもらいました。
その後、3社に絞ってから、訪問をしてもらって正確な金額を出してもらいました。
媒介契約には3つの種類がありますが、専任媒介契約が一番おすすめされていましたので、専任媒介契約を選びました。
親族や知り合いなどに売る予定はなかったで専属専任媒介でもよかったですが、不動産会社にとっても報告の回数が少なくてすむなどの理由で、専任媒介契約がメリットがあるようでした。
マンションの査定では、不動産会社によって大きな差がありました。
インターネットの簡易査定ではそれほど差が出ないと言う情報もありましたが、簡易査定でも最大で200万円の差が出ていました。

自宅マンションを売却したときの体験

職場に近い場所で新築一戸建て住宅を購入したので、自宅マンションを売却することにしました。少しでも高く売るとローンの負担が軽減できるので、まず最初に不動産の一括査定サイトを利用しました。サイトで必要事項を記入すると、翌日には複数の不動産会社が査定金額や売却プランを示してくれました。そこで最も良い条件の会社を選び、自宅マンションの買い手探しをお願いしました。ウェブサイトや折り込みチラシで、物件について紹介すると、すぐに購入希望者から問い合わせがありました。しかし価格面で折り合いがつかなかったので、一人目の購入希望者との商談は計画通りに進みませんでした。けれども不動産会社が週末にオープンルームを企画したところ、好条件で買ってくれる人が見つかりました。最初は強く値下げを希望していましたが、不動産会社が物件の魅力をアピールしてくれたので、言い値で売ることができました。自宅を売るのは生まれて初めてでしたが、事務手続きを不動産会社が全面的にサポートしてくれた点も高く評価しています。しかも仲介手数料が相場の半額程度であり、売却後の手取り金額が予想よりも多かったので、住まいの買い替えも円滑に進められました。

荒川区のマンション売却なら / 仲介手数料無料のハウジングスカイ